読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類-Starving Anonymous-ブログ

食糧人類は蔵石ユウ、イナベカズ、水谷健吾により描かれたパニックホラー漫画です。このブログでは食糧人類のネタバレから感想まで綴っていきます。また、新作が発表された際にはいち早くお届けします。

食糧人類 第14話 日本のトップが無残すぎる!!

ここでは「食糧人類第14話」のネタバレを書いていきますので、先に読みたい方は「まんが王国」で試し読みできますので是非読んでみてください!!

⇨まんが王国で試し読みしたい方はこちらから

 

またパソコンであれば「ebook japan」がオススメです。たまに割引や無料で配信されている時があります。もちろん立ち読みもあります。

 

⇨ebook japanで読む方法はこちら

 

 

 

 

 ここからネタバレとなります!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   

  

食糧人類 第14話のあらすじは?

 

人間が怪物を飼っていたんじゃない、怪物が人間を飼っていたんだ!!

その事実を知った4人は愕然とします。

そして施設に訪れた内閣総理大臣一行は、なんと怪物の前で土下座をしてひざまずきます!!

 

そして総理大臣が怪物にお願いするのです。

「恐れながら申し上げます!皆様に快適に過ごしていただくために、このような施設を建設し、「食糧」も満足いただけるよう全力で取り計らってまいりました」

 

「かねてからの懸案事項でありますところの温暖化問題でありますが!!」

 

「一刻も早い解決を、お願いできればと思う所存でございます!!」

 

と、総理大臣は巨大生物に言います。

巨大生物はいったん下がり、フジツボの塊のような生物と通訳ができる人間?が出てきます。

 

「キョウわ、ごそくろうかけて、すまんね」

 

「そのコトについてであるがっ、確かにキミらには世話になったよね」

 

「しかしそれももう、いらないんだ」

 

「今まで、ありがとう」

 

と言って、首相らを虫たちが一斉に襲い、食ってしまうのです!!

 

それを聞いたナツネは、

 

「玉座の間はどこだ?」

 

と怒りをこみ上げて聞くのです。

 

 

食糧人類 第14話の感想は?

 

衝撃なコトに、なんと日本のトップである総理大臣までもが巨大生物に飼われていたのです!!

地球温暖化を阻止する引き換えに、こんな施設を建設し食糧人間を与えていたというところでしょうか!?

 

そして用がなくなったらあっという間に食い殺す・・・

エグすぎます!!

 

そして、用が済んだ人間は敵を強くしただけで、利用されてあとはポイなんてせつな過ぎます!!

 

しかし、ナツネのあの怒り方は尋常じゃありません。用人の中に知り合いがいたのでしょうか??

 

食糧人類はまんが王国で無料で試し読みが出来ます。日本のトップの無残な姿を見たい方は是非本編を読んでみてください!

→まんが王国で試し読みするにはこちらから

 

ebook japanで立ち読みする方はこちらから

⇨ebook japanで読む方法はこちら