読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類-Starving Anonymous-ブログ

食糧人類は蔵石ユウ、イナベカズ、水谷健吾により描かれたパニックホラー漫画です。このブログでは食糧人類のネタバレから感想まで綴っていきます。また、新作が発表された際にはいち早くお届けします。

食糧人類 第13話 巨大生物の正体がやばすぎる!!

 

ここでは「食糧人類第13話」のネタバレを書いていきますので、先に読みたい方は「まんが王国」で試し読みできますので是非読んでみてください!!

⇨まんが王国で試し読みしたい方はこちらから

 

またパソコンであれば「ebook japan」がオススメです。たまに割引や無料で配信されている時があります。もちろん立ち読みもあります。

 

⇨ebook japanで読む方法はこちら

 

 

 

 

 

 

 ここからネタバレとなります!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   

 

食糧人類 第13話のあらすじは?

 

表向きは高レベル放射性廃棄物処理場となっていた施設は仮の姿で、実は人間を家畜して怪物へ食料を提供している施設だったのです。

 

なぜ怪物を飼っているのか男に問いただします。

 

「ブブブブブブハブハッ!ブボバババブボボボバッ!!」

 

男は笑っているようです。

 

「怪物たちを飼っているんじゃない」

 

と男は言います。

 

この施設にSPを連れた男たちが入ってきます。

それは、内閣総理大臣官房長官財務大臣・・・

 

なんと日本の中枢にいる人物がこの施設にやってきたのです!!

 

そして男の口から驚くべき真実が明らかになります。

 

「人間があの怪物を飼っているんじゃない。我々人間が怪物に飼われているんだ!」

 

 

食糧人類 第13話の感想は?

 

衝撃の事実が明らかになりました。

 

我々人間は怪物に飼われていたのです!!

 

そして内閣総理大臣らがこの施設に訪れた理由はなんなのでしょうか??

 

怪物は人間を制圧して、一体何を行うのでしょうか!?

 

この後の展開は急転直下になりそうですね!

 

食糧人類はまんが王国で無料で試し読みができます。

本編を見たい方は是非下記から試し読みしてみてください!

⇨まんが王国で試し読みするにはこちらから

 

ebook japanで立ち読みする方はこちらから

⇨ebook japanで読む方法はこちら