読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類-Starving Anonymous-ブログ

食糧人類は蔵石ユウ、イナベカズ、水谷健吾により描かれたパニックホラー漫画です。このブログでは食糧人類のネタバレから感想まで綴っていきます。また、新作が発表された際にはいち早くお届けします。

食糧人類 第4話 伊江の瞬間記憶能力がすごい!!

食糧人類 第4話のあらすじは?

 

こんにちは。

 

ここでは「食糧人類第4話」のネタバレを書いていきますので、先に読みたい方は「まんが王国」で試し読みできますので是非読んでみてください!!

⇨まんが王国で試し読みしたい方はこちらから

 

またパソコンであれば「ebook japan」がオススメです。たまに割引や無料で配信されている時があります。もちろん立ち読みもあります。

 

⇨ebook japanで読む方法はこちら

 

 

 

[http://:title]

 

 

 

ここからネタバレとなります!

 

 

清掃員の服を手に入れて部屋から脱出しようとするナツネと山引。

 

「俺も連れてってください」

 

と伊江は懇願します。

 

「あれでも飲んで、休んでてよ」

 

と液体の入ったチューブを差し山引は言います。

 

「あなたが来たところで何の役にも立たないでしょう。来ていただいても意味がありません。」

 

とバッサリ切り捨てます。

 

しかし、伊江は特殊能力を持っており、一度見たものを瞬間で記憶することができるのです!

 

殺された人間の血を使い、ここまでの道のりを床に記す伊江。

それを見たナツネと山引は伊江を連れて行くことに決めました。

 

すると、伊江はブクブクに太ったカズも連れて行こうとします。

 

「貴様、何のつもりだ!!」

 

「何って、友達を連れて行くのが悪いのかよ!」

 

と反抗する伊江。

 

反対していたナツネと山引ですが、伊江に押し切られ一緒に連れて行くことにします。

 

 

食糧人類 第4話の感想は?

 

伊江が瞬間記憶という特殊能力を持っていることは驚きでしたが、異色を放つナツネと山引という心強いパートナーをつけ脱出することを試みます。

しかし、脱出するのは一筋縄でいかない感じがするのは私だけではないはず。。。

 

あと、ブヨブヨのカズを一緒に連れて行く伊江ですが、元に戻すアテがあるのでしょうか??

 

なんにしても前途多難な脱出。。

 

次回からの展開も楽しみです!

 

食糧人類はまんが王国で無料で試し読みができますので、興味のある人は是非読んでみてください!

⇨まんが王国で試し読みするにはこちらから

 

ebook japanで立ち読みする方はこちらから

⇨ebook japanで読む方法はこちら