読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類-Starving Anonymous-ブログ

食糧人類は蔵石ユウ、イナベカズ、水谷健吾により描かれたパニックホラー漫画です。このブログでは食糧人類のネタバレから感想まで綴っていきます。また、新作が発表された際にはいち早くお届けします。

食糧人類 第1話 冷凍された人間の死体が壮絶すぎる!!

食糧人類 第1話のあらすじは?

 

こんにちは。

 

このブログでは「食糧人類」のネタバレを紹介していきます。

食糧人類は、蔵石ユウ先生、イナベカズ先生、水谷健吾先生によるパニックホラー作品です。

 

蔵石ユウ先生とイナベカズ先生は、「アポカリプスの砦」を描いたことで有名ですね!

 

そのタッグが新たに描いた作品は、早速話題になり電子漫画書籍ランキングで常に上位に入り続けています!

 

このブログではネタバレを書いていきますので、先に読みたい方は「まんが王国」で試し読みできますので是非読んでみてください!!

⇨無料で試し読みしたい方はこちらから

 

 

 

ここからネタバレとなります!

 

[http://:title]

 

高校生の伊江はチキンナゲットが大好きな青年で、ある日友達のカズと一緒にお店でチキンナゲットを食べています。

 

カズ

「お前さぁ、その肉何か知ってる?」

伊江

「し、知っているよ。ニワトリ!」

カズ
「このテの店はピンクスライムを使ってるね。
捨てるしかないクズ肉を集めて洗濯機へ

ブチ込んで劇薬で消毒して挽き肉にして・・。」

伊江

「うええええ、なんだよそれ!」 

 

 

そんな会話をしていると、

「お客様!他のお客様もいらっしゃいますので
お静かにお願いいたします。」 

と、お店の店員に怒られる伊江とカズ。


お店を出てバスに乗り込みます。

 

外は温暖化の影響で3月なのに暑く、地上で住めるのは100年前の1000分の1になっていました。

温暖化が深刻なのです。

ニュースでは日本で最高気温記録更新や、異常気象に関する研究に進展があったとか、全国各地で集団失踪事件が多発していたり、という報道がされています。

 

そんなニュースを聞くたびに気が滅入りそうになる二人。。。

 

そんなカズはこの今にも滅びそうな世界で、気象学者になろうとしていました。

 

 「地球の方はお前に任せるよ」

という伊江。

 

するとカズは眠ってました。
伊江がまわりを見渡すとバスに乗っている人全員
が眠っていました。

 

なんとバス内に睡眠ガスがまかれたのです。
伊江は、マスクをしてたために睡眠ガスがまだ効いていませんでした。

 

「う、運転手さん、なんなんすかこれ!?」

運転手に状況を確認しにいく伊江。
しかし、運転手はガスマスクをしており
催涙ガスをまいたのは運転手だったことに気づきます。

 

やがて伊江も気を失い目が覚めると、そこは
人が敷き詰められたトラックの上でした。

さらに床には冷凍された裸の人間が横たわっていました。

 

「な、なんだココは!!」
驚く伊江、状況がよくわかっていません。

 

 「はい、こいつ不合格ね。こいつは合格ね。」

と、作業員が次々と仕分けをしていきます。

 

そんな光景を見ている伊江に作業員が声をかけます。

 

「あぁー、君目覚ましちゃったの!?
ココからは絶対に逃げらんないから
覚悟しといた方がいいよ。」

 

そういって、伊江はある施設に移動
させられます。

そこには、ブクブクに太った人間たちの姿がチューブみたいなものを

吸っていました。

 

そこにはカズの姿もありました。

 

伊江

「カズ、こんなとこでなにしてんだよ!」

カズ
「そんなことよりコレ飲まねーか。
スンゲーウメェぞ。」

 伊江

「なんだこの水、いやジュースか、
何かの果実みたいな甘い匂いがする・・・。」

 

一口だけ飲もうとする伊江ですが、後ろから何者かに押さえつけらます。

 

それは一体・・・

 

 

食糧人類 第1話の感想は?

 

伊江が起きた時には敷きつめてある人。

そして床に転がる凍った人々。
壮絶的な内容でスタートします!

 

一体カズらが飲んでいる液体はなんなのか!?
ブクブクに太らせて何を行う計画なのか!?
この施設は何なのか!?

 

まだまだ未知な部分がたくさんありますが、内容がグロい分続きが読みたくなる展開ですね!!

 

「食料人類」はまんが王国で無料で試し読みできますので、気になった人は是非読んでみてください!

⇨無料で試し読みするにはこちらから